la!hal

la!hal

”6月の花嫁は幸せになる” 言い伝えの由来とは!?

”6月の花嫁は幸せになる” 言い伝えの由来とは!?

wed vol. 4266

 

昨日から6月が始まりましたね✨

 

今月で1年の半分が過ぎようとしているなんて

なんと早いことでしょう・・・(笑)

 

今年の上半期も

たくさんの幸せな笑顔と涙を

見守ることが出来て

 

スタッフ&チーム一同

幸せのおすそわけを

たくさんたくさんいただきました♡

 

まだあと1カ月上半期があるので

現在進行形ですね

 

 

よく周りの方々から

 

「6月はジューンブライドだから

忙しいんでしょ!?」

 

って聞かれます

 

ジューンブライド/JUNE BRIDE

=6月の花嫁は幸せになる

 

というジンクスのこと

 

この言葉をご存知の方は

とても多いですが

実際の意味を知らない方も多いのでご紹介♬

 

 

このジンクスは

全てヨーロッパから伝わってきたもの

 

 

ローマ神話の中で

6月を守護している女神ユノ(Juno)が

結婚生活における女性の守護女神であることから

 

女神に守られている6月に結婚すると

幸せな花嫁になると言われていること

 

 

そして、もう1つ!

 

ヨーロッパでは農作業の繁忙期は3月~5月であり

その間に結婚することは禁じられていたのです💧

 

繁忙期が落ち着いた6月に

結婚が解禁されることから

 

祝福ムードが続いて

「幸せになれる」

という言い伝えに変化した!

 

とも言われています

 

 

そして、もう1つは

 

ヨーロッパの6月は

日本の気候でいうところの5月のように

とてもお天気が良く過ごしやすい日が多いようで

 

結婚式に最適な気候であること

 

 

こうした要素が重なって

ジューンブライドという言葉が生まれ

 

6月に結婚すると幸せな花嫁になれる

 

と言い伝えられてきたのです!

 

 

ただ・・・

 

日本では梅雨時期となる6月💦

 

ヨーロッパとは違って

雨の多い気候なんですよねぇ

 

これも、

まことしやかに伝えてきていることですが、、、

 

6月の梅雨時期にオフシーズンとなり

閑散期に入るウェディング業界が

6月の結婚式を増やすために

 

ヨーロッパのジンクスを

これ幸いと持ってきた

 

とも言われています(笑)

 

ウソかマコトかは分からないですけどね

 

 

どちらにしても

日本においてのジューンブライド神話は

 

現在では

重きを置かれる方は少なくなりました

 

だって、、、梅雨ですもんねぇ💦

 

どうせだったら

気候の良い日に行いたいと思うのは

当然のことだとも感じます。。。

 

 

と言っても!

 

ここ近年では

5月に雨がよく降ることもあったりするし

 

お天気ばかりは誰にも読めないもの

 

あまり

どこか一部だけに固執しすぎず

 

おふたりのための

大切な記念日となることを一番に考えて

お日にちを選んで欲しいなと思います

 

 

女神に守護されていなくても

良いお日柄でなくても

雨が降ったとしても

 

幸せになるかどうかは

おふたり次第

 

入江も私も

それぞれ自分たちの結婚式は8月で

 

女神ユノに守護されていなければ

仏滅に結婚式をしたという

業界人アルアルな日にち設定ですが(笑)

 

自分たちで言うのもなんですが・・・

 

私たちふたりとも

幸せな結婚生活を送っていますから

 

そんなお手伝いをさせてください

coordinator 舛木 はるな

お問い合わせ・アクセス

広島県内はもちろん、北海道から沖縄まで全国でお手伝いしております。
まずはお問合せください。

お電話でのお問い合わせ

Tel.082-225-6751

〒732-0067 広島市東区牛田旭1丁目15-13

営業時間 : AM10:00~PM7:00

定休日 : 水曜日