la!hal

la!hal

何もしないのに口は出す新郎様

何もしないのに口は出す新郎様

wed vol. 4205

 

新婦👩「どんなのが良い?」

新郎👨「なんでもいいよ~」

・・・後日・・・

新婦👩「これに決めたから!」

新郎👨「・・・それはちょっと嫌だ」

新婦👩「なんでもいいって言ったじゃん

 

こんな会話をしたことのある

新郎新婦様は

多いのではないでしょうか?

 

「うちのことだ!」

と思われた方も多いと思います(笑)

 

 

”なんでもいい”しか言わないから

1人で決めたのに

決めたことに対して文句を言われるのは

許せない

 

こんな感じのケンカ話もよく耳にします

 

 

皆さんはこのケンカ、

 

新郎様と新婦様

どちらが悪いと思いますか❓

 

 

これ、実は・・・

 

どちらも悪くなくって!

ただの行き違いなだけなのです

 

 

まず、男性に

「どんなのが良い?」って聞いても

 

答えが返ってくることは

ほぼ無いと思ってください

 

男性は結婚式に対して

意見やイメージを持っていない人の方が

とても多いのです

 

女性のように

色んな結婚式のことを

調べて知っているわけではないので

 

そもそも

「分からない」って人が多いんです

 

でも、「分からない」って言ったら

怒られるからって思って

「なんでもいいよ」って答えちゃうのです💦

 

 

ということは・・・

 

「どんなのが良い?」って

抽象的な質問をすることをやめると

こうしたケンカは無くなります

 

 

抽象的ではなく、具体的に

アイテムなどの名称を伝えたとしても

 

男性はその名称のことを知らない

 

名称だけを伝えて

「〇〇しようと思うけど、どう思う?」

と聞いても

 

「いいんじゃない」と、

また同じような答えが返ってきます

 

この流れでも行きつく先は

冒頭と同じでケンカしてしまいます💦

 

 

では、どうしたら良いのか❓

 

この答えは・・・

 

したい・しようと思っている

画像を見せること

 

男性は、やりたいことへのイメージが無くっても

 

”好き・嫌い”はハッキリしているから!

 

画像を見せながら

具体的に言葉にして

 

「こんな感じで、ここをこうして・・・」

という風に説明していくのです◎

 

すると・・・

 

「そのままだったら嫌だけど

こんな感じだったら!」

 

という

具体的な答えが返ってくるようになります

 

具体的な答えが返ってこないということは

”それは嫌じゃない”

ということになるので

 

後からダメ出しが出ることは

ほぼほぼ無くなっていきます

 

 

これはもう

男性脳と女性脳の違いだから

仕方ないこと

 

後からケンカするよりは

計画を立てた後にひっくり返されるよりは

 

面倒だったとしても!

 

先にきちんとプレゼンのように

説明をしていって

 

好き or 嫌い

 

をハッキリと聞いていた方が

新婦様のためでもあります

 

 

そして、一番は・・・

 

新郎様が興味を持つことを

結婚式で取り入れていくこと

 

これは私がよく

結婚式に取り入れていっていることです♬

 

こうしていくと

結婚式に少しずつ興味を持ち始めてくれるので

ご準備にも協力的になってくれたりします

 

 

結婚式準備は

結婚生活を円満に進めていくための

準備でもあります

 

男性脳と女性脳が違うということを

頭の片隅に置いておくことで

円満に解決できることも多々あるので

 

是非、覚えておいてくださいね

 

 

結婚式準備を

幸せたっぷりに進めていきましょう♡

そんなお手伝いをさせてください

coordinator 舛木 はるな

お問い合わせ・アクセス

広島県内はもちろん、北海道から沖縄まで全国でお手伝いしております。
まずはお問合せください。

お電話でのお問い合わせ

Tel.082-225-6751

〒732-0067 広島市東区牛田旭1丁目15-13

営業時間 : AM10:00~PM7:00

定休日 : 火曜日