la!hal

la!hal

セルフレジのような便利さと結婚式

セルフレジのような便利さと結婚式

wed vol. 4156

 

昨日は定休日で

色々とお買い物に出ていて驚いたことが!

 

行くとこ行くとこ

完全セルフレジになっている

 

いくつかセルフがあって

いくつか店員さんがレジしてくれて、

だったら良いけれど

 

全てがセルフレジで

店員さんがいるレジが

1つもなくなってるんです

 

 

もちろん私は

セルフレジでも

何も問題なく対応できるから良いけれど

 

それでも時折

「あれ?これは?」って思うこともある💧

 

これ、あまりこうしたことに詳しくない人や

特にご年配の方には

しんどいだろうな~・・・と思っていると

 

やっぱり💦

 

ご年配の方は相当手こずってるし、、、

 

若い人でも分からずに

店員さんに助けてもらってるし、、、

 

そりゃそうでしょ、っていう光景が

たくさん広がっていました

 

 

セルフレジって

なんでこんなに広がったのでしょう?

 

従業員をたくさん置かずに

対応していくためには良いかもしれないけれど

 

それって

お店側の理由でしょ?

 

非接触だからお客様の対応のためにも~

とか言われるかもしれないけど!

 

観察していると

お客が変わる度に

一回一回拭いてるわけでもないので

 

タッチパネルって危なくない?

 

バーコード読み取り機械を

手で持たなくちゃいけないのって

危なくない?

 

という疑問が沸々と(笑)

 

 

完全セルフレジにしているところは

大手企業の店舗なので

 

もしかしたら

顧客満足度がそんなに上がらなくても

良いのかもしれないけれど

 

「あそこに行きたいけど

レジが面倒だな~」 って

 

行かない人が少なからずは出てくるハズ。。。

 

現に私も、セルフレジでは

領収書が出ないと言われたため

 

領収書をもらうために

サービスカウンターまで移動して

5分くらい待たされて💦

 

ちょ~っとイライラしましたから(笑)

 

 

便利になっているようで

不便になっている今の世の中

 

便利になるよりももっと

大事なことって

あるはずなのにな~って思うんです

 

 

そういえば結婚式でも

数年前だったかな?

 

一度も来館せずに

ネット上だけで

結婚式ができる

 

というようなことがスタートしたと

耳にしたことがありましたが

 

それも私は反対だったんですよね

 

大切な1日なのに

担当する者と心が通わずに

迎えていくだなんて・・・と。。。

 

 

結婚式の場合は

どれだけ世の中が進んだとしても

 

機械やロボットでは

絶対に成し得ないお仕事だと思っています

 

特に、

 

オリジナルな1日の場合

便利という言葉は

絶対に当てはまらない

 

時間をかけて

一緒に心を通わせていかないと

素敵な1日を届けていくことは出来ない

 

おふたりのために

大切な時間を割いてお越しくださる

ゲスト様のためにも

 

きちんと心を遣って

ご準備していって欲しいなと思っています

 

そして、おふたりの代わりに

おふたりよりももっと心を遣っていくのが

私たちお手伝い側です♬

 

そんなお手伝いをさせてください

coordinator 舛木 はるな

お問い合わせ・アクセス

広島県内はもちろん、北海道から沖縄まで全国でお手伝いしております。
まずはお問合せください。

お電話でのお問い合わせ

Tel.082-225-6751

〒732-0067 広島市東区牛田旭1丁目15-13

営業時間 : AM10:00~PM7:00

定休日 : 火曜日