la!hal

la!hal

「生まれ育った家で祝言がしたい」

「生まれ育った家で祝言がしたい」

wed vol. 4130

 

”結婚式はどこでも出来る”

 

こう伝え続けて早12年!

 

これまでも様々な場所で

色々なカタチの1日を

お手伝いさせていただきました

 

 

9割の新郎新婦様が

最初から想いが見えているわけではなく

 

漠然としたところから

おふたりの奥底に眠っている

見えていない想いを

 

一緒に探していって

カタチを見出してきました

 

そうしたおふたりは大抵

「自分たちには想いがない」

と最初は仰るのですが

 

想いがない新郎新婦様は居ない

 

私がこれまで実際に経験してきて

たくさんの新郎新婦様と

想いを共にしてきているからこそ

 

声を大にして言いきることが出来ます

 

 

9割のおふたりは

最初は想いが見えていないけれど

 

1割の新郎新婦様は

最初からかっちりと想いが見えていらっしゃる♡

 

今回もまた素敵な想いを引っ提げて

ご相談に来てくださったおふたり

 

昨年末に初めてお会いして

たくさんの想いを伺い

 

年末年始でご家族様とも

しっかりご相談していただいて

 

大切な1日をla!halにて

お手伝いさせていただくこととなりました

 

 

そのステキな想いとは・・・

 

生家祝言

 

生家とは、読んで字のごとく

生まれ育ったご実家のこと!

 

祝言とは、最近聞くことは少なくなったけれど

結婚式を挙げること!

 

実は日本において

一番古いスタイルの結婚式は

ご自宅での祝言なのです

 

その昔は

めとる側(=嫁や婿をいただく側のこと)の生家に

ご親族様やご友人様を集めて挙式をおこなった後に

 

飲めや唄えやの披露の席が

三日三晩続いたとのこと

 

昔の人ってタフですね(笑)

 

 

時代の流れと共に住宅事情も変わって

昔のように人を集めれるような

大きな家が少なくなり

 

村の大きなお家を借りたり

公共の建物を借りたりしてきたカタチが変化して

今の結婚式場になるのです

 

 

7年前に一度

ご自宅でのご結婚式を

お手伝いさせていただきました⇩

このおふたりはご病気のご家族を慮って

ご自宅で行うことを決断されて

 

それはそれは

とても素敵な1日となりました♡

 

 

そして、4年前にも

日本の古いご結婚式のカタチの1つである

 

神社様のお部屋を借りて

神様にお供えした供物をいただく

 

”直会(なおらい)”

に沿った1日もお手伝いさせていただき

これまたとても素敵な1日となりました⇩

 

 

ご自宅でのご結婚式も

神社様での直会結婚式も

 

今現代に選ばれるカタチではないけれど

素晴らしいご結婚式の1つなのです

 

そして今回、ご自宅での祝言を

島根県にてお手伝いさせていただけることに

妄想とワクワクが止まりません

 

 

おふたりの大切な1日を

どのように行っていきたいですか?

 

おふたりの奥底にある想いを

諦めずに聞かせてください

 

必ず素敵な1日をお届けしていきます

 

そんなお手伝いをさせてください

coordinator 舛木 はるな

お問い合わせ・アクセス

広島県内はもちろん、北海道から沖縄まで全国でお手伝いしております。
まずはお問合せください。

お電話でのお問い合わせ

Tel.082-225-6751

〒732-0067 広島市東区牛田旭1丁目15-13

営業時間 : AM10:00~PM7:00

定休日 : 水曜日