la!hal

la!hal

古民家の中に式場が出来上がり☆5月8日ご結婚式

古民家の中に式場が出来上がり☆5月8日ご結婚式

wed vol. 3883

 

築100年以上経った

古民家でのウェディング

 

幕を3段階でオープンしていき

最後の幕が開いた瞬間

広がった披露宴会場⇩

土間と畳・板の間があり

椅子席と座布団席の2パターン!

 

チグハグなような聞こえがするけど

 

一体感のある古民家空間が

出来上がりました💮

 

ゲストの皆さまからも

「なんか落ち着くわ・・・✨」

とお喜びの声があちこちから♡

 

 

古民家のこの空気感を壊さないために

お料理にもこだわりました

 

フルコースでのおもてなしではなく・・・

 

三段のお重をご準備して

内容はフルコースさながらの最高のお料理で

おもてなし⇩

ここでも、おふたりのコンセプト

『3』にこだわっていったのです

 

「こんなの初めて!」

と、お料理でもお喜びの声が

 

 

こちらのお重は

披露宴会場オープン時には

既にセッティングしてあり

 

お重も空間コーディネートの1つで

大きな役割を果たしてくれました

 

 

そして・・・

 

今回はおふたりのご希望で

パテーションを初めて置きました⇩

la!halでのお手伝いでは

結婚式場とは違って

 

”必ずしもパテーションが必要”

ということはありません。

 

おふたりのご希望があれば

パテーションを入れていきますが

 

お伺いしてご希望を伺って

判断をするようにしています

 

 

「感染対策や安全性を考えると

パテーションを入れるべきでは?」

 

という声も聞こえてきそうですが・・・

 

あくまでパテーションは

安心材料の1つ=パフォーマンス的なものであり!

 

パテーションがあるから

完全に安心というものではありません

 

 

なので私たちのお手伝いでは

感染対策についてきちんとお話をして

 

おふたりのご希望に沿って

パテーションを入れる・入れないを

判断していただいています

 

会場の決まりがある場合は

そこに従う必要がありますので

全てがその通りにいくわけではないですが

 

私としては

おふたりのご希望を最優先したいから

 

 

今回のおふたりも

最後まで悩まれていました💦

 

パテーションを入れることが決まったのは

2週間前。。。

 

広島県での感染拡大が見えてきた時期だからです

 

パテーションが気にならないように

お花もパテーションを挟む形のお花にして

 

少しでも見え方に工夫をしていきました

 

 

1年前までは考えなくてよかったことを

考えなくてはいけないご結婚式となり

 

一番大変なのは新郎新婦様💦

 

どんな時代になっても

おふたりの心が少しでも軽くなるように

寄り添うお手伝いをしていこう

 

これが私の想いです!

 

おふたりの心の負担が

少しでも軽くなるように・・・

 

そんなお手伝いをさせてください

coordinator 舛木 はるな

お問い合わせ・アクセス

広島県内はもちろん、北海道から沖縄まで全国でお手伝いしております。
まずはお問合せください。

お電話でのお問い合わせ

Tel.082-225-6751

〒732-0067 広島市東区牛田旭1丁目15-13

営業時間 : AM10:00~PM7:00

定休日 : 水曜日