la!hal

例えばのストーリー2

~古き良き『和』を大切にした、ご親族様との大切な1日~

~ストーリー~

ハワイウェディングを考えられていて、ラハルホームページに
辿り着いてくださったおふたり。
ハワイでの挙式に憧れもあるけれど、和の結婚式への憧れも同時にお持ちでした。
ご家族様のお声もあり、ハワイウェディングは諦めると決断された時、
「どういった結婚式が一番ふたりらしいのか」
3人で色んなカタチを模索し始めました。

まず決まったことは、神社で挙式をおこないたいということ。

披露宴は、神社の近くのお店でおこなっていくことで、リサーチに動いていました。
そんな時、おふたりよりこんなご希望が出てきました。
「神前式で神様にお供えした品=神饌(しんせん)を披露宴で振る舞いたい」
お神酒や果物・野菜など、ご本殿に神様へとお供えするお品のことです。
おふたりは、神社で働いていらっしゃることもあり、
和の仕来りについて人一倍ご存知なこともあり、
この考えへとたどり着かれました。

「それであれば・・・」とご提案した形が、“直会(なおらい)”という宴の形。

今ではほとんど見かけなくなりましたが、日本では古くから、
神社での祭事が済むと、神様にお供えしたお神酒や品物を、そのまま神社の広間を使用し、
全員でいただく会をおこなっていたのです。
また、神社で挙式をされたのち、そのまま神社の広間で披露宴をおこなわれることも
多くおこなわれていたのです。
ご親族様はご年配の方も多く、移動をしなくても良いという利点もあり、
何より、古き良き時代を感じていただけることに賛同していただき、
やっと(笑)おふたりの大切な1日へのご準備が動き出したのです。

テーマ:つながり

コンセプト:ノスタルジック

テーマモチーフ:大正ロマン

ここがポイント:

お料理も昔ながらの直会らしく、お重でのお弁当形式を望まれたおふたり。
食べ歩くことが大好きなおふたりのために、どのシェフにお願いしていくかの
試食から始めていきました。
神様への御供の品も、ゲスト様にお渡しする引出物も全て、おふたりが直接お店に
出向きチョイスされた、極上のお品ばかり。
「大切な家族との繋がりを深いものにしたい」ただただその想いで、
おふたりは色々なお店へ出向かれて、ご家族・ご親族様への想いをカタチとして
届けていかれたことで、ゲスト様皆さまにお喜びいただける1日の完成です。
ご相談・お問い合わせ
  • 広島エリア
  • 082-225-6751
  • 受付時間:AM10:00 ~ PM7:00(定休日:水曜日)

メールでのお問い合わせはこちら

  • 尾道・三原・福山エリア
  • 0848-29-9384
  • 受付時間:AM10:00 ~ PM7:00(定休日:水曜日)

メールでのお問い合わせはこちら

広島の結婚式・ウェディング

la!hal(ラハル)ウェディングコーディネーター

〒732-0067 広島市東区牛田旭1丁目15−13

TEL:082-225-6751 (AM10:00~PM7:00 定休日:水曜日)

尾道・三原・福山エリア 〒729-0141 尾道市高須町5434-602

TEL:0848-29-9384 (AM10:00~PM7:00 定休日:水曜日)

駐車場はこちら(No.5、No.23)

Copyright(c) 2014 la!hal wedding coordinator. All Rights Reserved.